雛人形 処分

古くから女の子の成長を願う道具として用いられてきた雛人形ですが、事情があって処分したいという方もいらっしゃるのではないかと思います。

例えば成人してもう飾るつもりがないから処分したい、娘さんが嫁いでしまったから処分したいといった場合ですね。

災厄から守るための雛人形ですので、成人したとしても処分する必要はないと思いますし、娘さんが嫁ぎ先に持って行ってもお母さんが実家で飾っても良いのです。

昔は雛人形は魂が宿っているものなので他人に譲るのは避けたほうが良いと言われていましたが、昨今では親戚や友人に譲るのも問題ないとされていますね。

雛人形含めその他の道具一式の状態が良いのであれば欲しがっている施設などに寄付をするという選択肢もあるでしょう。

しかしどうしても処分したいという場合には人形供養をお願いするという方法があります。
あくまで雛人形本体のみですが郵送することもできる場合があるため、問い合わせてみるとよいでしょう。
スポンサードリンク


雛人形 処分 神奈川
毎年、お飾りして、お祝いをしてきた雛人形も、お勤めを終える時がくるかもしれません。 そうなればどのようにご供養という名の処分をするかを考えるようになります。 雛人形に限ったことではありませんが、人形の類の物は他の物とは違い、処分という言葉を使うことすら
雛人形 処分 埼玉
雛人形は、大切に使ってきた人形ですので、そのまま捨てるということができないと言う人が多いと想像します。 そのため、処分をしたいと思っても、そのまま倉庫に入れていたり、そのままになっているということが多いです。 そんな時、埼玉に雛人形を処分してく
雛人形 処分 大阪
大阪には、雛人形を処分してくれる場所があります。 お寺もあるのですが、大阪の場合は、処分と言うよりも、リサイクルをして欲しいと言う人には、リユースという形で寄付をすることができます。 >> 人形寄付 大阪府「人形のリサイクルなら、セカンドライフ」
雛人形 処分 札幌
札幌には、不要となった雛人形を処分してくれる場所がいくつかあります。 全国にもあるお寺や神社も、札幌にもあります。 そのお寺や神社の場合は、札幌のその場所まで雛人形の処分を依頼するのか、または全国から雛人形を郵送して、供養をしてもらう形となります。
雛人形 処分 時期
雛人形と言えばひな祭りの時に飾るものですが、実はこの雛人形には処分の時期というものがあります。 その雛人形の処分の時期というのは、結婚後です。 結婚後であっても、実家でその雛人形を飾るですとか、嫁ぎ先に持っていって自分で雛人形を飾るという場合には処分を
雛人形 処分の仕方
雛人形は女の子の初節句に揃える習慣ですが、女の子が成人して飾る機会がなくなったり、結婚して女の子が生まれると新しい雛人形を揃えるため住宅事情で不要になったりする雛人形もあります。 不要になった雛人形の処分の仕方はいくつか方法がありますが人形は魂が宿ると言
雛人形 処分 東京
雛人形を処分するとなると、そのまま捨てることを躊躇することがありますよね。 それは、長年使ってきたものなので、そのことが辛いと思ってしまうのです。 そんな時、東京に雛人形を処分してもらうことができる場所があります。 東京の場合は、いくつかの神社な
雛人形 処分 福岡
雛人形は、処分をしようと思っても、そのことをどこに依頼をすればいいのかわからないということがありますね。そんな時、福岡には雛人形を処分をしてくれる場所があります。 その福岡の場所の一つに神社があります。 神社では、有料で供養をして雛人形を処分してもらう
雛人形 処分
大切に飾られてきた雛人形もいつかは処分するようになってきます。 しかしどのようにすればよいのか知らない人も多いことでしょう、まずは人形を供養する人形供養祭などある所へ奉納されるとよいでしょう。 またお寺などに引き取ってもらえるところもありますので相談さ