雛人形 処分 時期

雛人形と言えばひな祭りの時に飾るものですが、実はこの雛人形には処分の時期というものがあります。
その雛人形の処分の時期というのは、結婚後です。

結婚後であっても、実家でその雛人形を飾るですとか、嫁ぎ先に持っていって自分で雛人形を飾るという場合には処分をする必要はありません。
しかし、そうではない場合には自分で供養をして処分をする必要があるのです。

意外とこの雛人形の処分の時期については知らないという方も多く、結婚後もタンスの肥やしに雛人形がなってしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
しかしそれはあまり良い事ではありません。

雛人形の処分の時期についてはここでしっかりと知って忘れないようにしましょう。
スポンサードリンク


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。