雛人形 出す時期

ひな祭りは3月3日ですが、雛人形はそれよりも前に出します。ではいつが出す時期として最適なのでしょうか。

雛人形を出す時期は、一般的には立春を過ぎたあたりから2月の中旬ごろがよいとされています。遅くともひな祭りの1週間前には飾りましょう。あまり遅いと雛人形を鑑賞する期間が短くなってしまいます。

出す時期は地域によって違うことがあります。旧暦に合わせて出す地域もあるので、その場合は地域のしきたりに従ってください。

ひな祭りは季節の節目の行事です。立春も季節の節目でひとつの目安になります。最近は立春がかかれていないカレンダーもありますが、節分の翌日が立春です。豆まきをして鬼払いをして清めてから飾ります。

大安吉日がよいといわれていますが、こだわる必要はありません。

新しく購入して初めて飾る場合は欠品や破損がないか確認して、欠品などがあれば交換してもらう必要があるので、早めに飾るとよいです。何段もある雛人形は飾るのに時間がかかるので、余裕がある日に出しましょう。
スポンサードリンク


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。