雛人形 収納箱

雛人形の歴史は古くて質の良い商品は沢山ありますが、保管方法には細心の注意を払う必要があります。
人形そのものの質に着目して購入する方が殆どであり、購入の時には収納も考慮した上で手に入れたいものです。

雛人形に使われている素材は着物等は衣類同様の絹が使用されているものが多いですし、漠然と保管していると湿気や結露によって状態が悪化する可能性があります。

特に住宅が集合住宅タイプや鉄筋タイプの場合は湿気、結露対策は必要ですし、雛人形に適した収納箱を活用する事が望ましいです。
木造家屋の場合は乾燥材を収納箱に入れるだけでも良いですが、鉄筋やマンションタイプの場合は注意が必要になります。

湿気対策に風通しを考えても虫食いリスクもありますから、防虫剤を活用する必要もありますし、最近では雛人形収納箱自体が飾り箱になっているものもあります。

桐の収納箱は保管に有効であり、桐は防虫や防腐の他にも調湿効果もありますから、雛人形を納める収納箱として有効です。
スポンサードリンク


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。