雛人形 収納

ひな祭りが終わったら、雛人形はなるべく早く片付けるようにしましょう。

「しまうのが遅くなると婚期が遅れる」と言われていることも理由の1つではありますが、いつまでも出したままにしておくと、埃が付いたりして人形にダメージを与えてしまうという理由からも、早めに片付けた方が良いでしょう。

収納作業をする時に最も大切なのは、雛人形に付いた埃などを丁寧に払い落としてから片付けることです。

ただしその際に人形の顔などを直接手で触ると、手の脂分が付いてしまって人形を痛める原因になり兼ねませんので、筆や小さな毛ばたきなどを使いましょう。

そして人形の持ち物などを外し、一体ずつ柔らかい布などでくるんだら、箱に収納してなるべく湿気の少ない場所に保管しましょう。

防虫剤を使用する場合は、人形専用として販売されている防虫剤を使用するのが最適ですが、それでも念のため、人形には直接触れないような位置に入れておく方が無難でしょう。
スポンサードリンク


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。