雛人形 木目込み

木目込み雛人形の特徴とメリットデメリットについて紹介したいと思います。

木目込み雛人形というのは江戸時代に日本で作られた伝統的なモノで、神官が柳の木を使って作った雛人形が起源と言われています。

ちなみに木目込みというのは溝に布を埋め込む手法のことを意味する言葉で木目込み雛人形は木製の人形の胴体部分に溝を彫って、布の端を埋め込むことで衣裳を着せる手法で作られた雛人形のことです。

木目込み雛人形のメリットは小柄な人形が多いので場所を取らない点と、衣装がズレることがないので長く使い続けることが出来る点です。
さらには扇子などの道具は全て人形にくっついているので無くすことはありませんし飾るのも片付けるのも手間がかかりません。

デメリットは小柄でボリュームが少ないので派手さや豪華さがない点だと言えます。
ですが木の温もりが感じられる非常に優しい雰囲気の人形なので場所を取らないこともありマンション住まいなどの場合は適しているということが出来ます。
スポンサードリンク


雛人形 木目込み 人気
雛人形には大きく分けて2種類「衣裳着(いしょうぎ)」と「木目込み」が有ります。 全体的には衣装着タイプが多いのですが、最近は木目込みタイプも強い人気が出てきたのです。 木目込み人形とは、木製や桐粉を固めたの胴体に溝を作り、布地の端をヘラなどで埋め込んで
雛人形 木目込み 一秀
もうすぐひな祭り。 各家庭には雛人形が飾られる時期になりますが、雛人形と言えば、一秀の木目込み人形が有名ですね。 一秀の木目込み人形は、優雅で気品のある雛人形です。 木目込み人形は、ひな祭りの時だけだなく、結婚式の贈り物として使われる地域もあるようで
雛人形 木目込み 真多呂
雛人形は、いろいろな種類のものが販売をされています。 そしてその中の一つに、木目込み雛人形の真多呂があります。 その木目込み雛人形の真多呂は、なんといっても伝統があるということで知られています。 大正時代の創業となっているので、その伝統は確かなものと
雛人形 木目込みとは
雛人形には木目込みというものがあります。 その木目込みとは一体どういった雛人形であるのか、ここで紹介をしたいと思います。 雛人形購入の際などにはきっと役にたつと思いますので、是非とも一読してみてください。 木目込みというのは、木製の人形の胴体に溝をほ
雛人形 木目込み
女の子の健やかな成長を願って毎年飾る雛人形ですが、最近はマンションやアパートなどといった居住形態のためにあまり大きな雛人形を飾れないご家庭も多いと思います。 そんなご家庭にぴったりなのが木目込み雛人形です。木目込み雛人形とは木の胴体に溝を掘ってそこに衣装