雛人形 木目込み 人気

雛人形には大きく分けて2種類「衣裳着(いしょうぎ)」と「木目込み」が有ります。
全体的には衣装着タイプが多いのですが、最近は木目込みタイプも強い人気が出てきたのです。

木目込み人形とは、木製や桐粉を固めたの胴体に溝を作り、布地の端をヘラなどで埋め込んで衣裳を着せていく人形の事を言います。
京都で発祥した事から「加茂人形」と呼ばれ、江戸に伝わった時に「木目込み人形」となったようです。

実は、最近木目込みの雛人形の人気が高くなってきています。
木目込み人形は、顔立ちもふっくらしていて、その独特の優しい顔立ちが人気ですが、最近の人気上昇のポイントは現代の住宅事情にあるようです。

人気の理由はその大きさ。
木目込みの雛人形は比較的小さなタイプが多いので、飾る場所を取らないのが魅力のようです。
また直接布を胴体に埋め込む為に、他の雛人形に比べて傷みも少なく数年たっても劣化がないと言われています。

雛人形は女の子の守り神。
長く飾りたいものですから、場所を選ばず劣化もしないというのは嬉しいですね。
スポンサードリンク


コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。